古銭はどのようなお金の事?

古銭と聞いた時、江戸時代の大判小判、寛永通宝、開元通宝や永楽銭と言ったイメージを持つ人も多いのですが、明治時代から昭和初期頃まで流通していたものなども古銭に含まれています。 因みに、明治時代から昭和にかけて流通されていた貨幣は近代貨幣と呼び、1円や2円、5円、10円、20円、20銭や50銭などの硬貨が在りますし、硬貨には銀貨も在れば金貨もあるなど、集める楽しみを広げてくれます。 また、寛永通宝は時代劇などで目にされる事も多いかと思われますが、中央に四角い穴が開いている硬貨で、一言で寛永通宝と言っても種類は多種多彩であり、中にはプレミアがついているものも在ります。 因みに、寛永通宝などにある四角い穴は、製造時にかかる手間を省く目的で開いているものです。

エラー銭は珍しい古銭です

古銭には色々な種類が在り、種類に応じて価値は異なります。 価値を熟知しているのが古銭買取りを行っているお店の鑑定士で、市場相場やどのような時代に流通されていたものか、発行された枚数がどのくらいあるのかなどの知識を持ちます。 また、マニアの間で人気を集めているのがエラー銭と呼ばれているお金で、紙幣であれば印刷時のズレによるもの、硬貨の場合であれば中央の丸い穴がずれている加工不良や絵柄が全体的にズレてしまっているものなど、本来検査時に不良となるものが、検査時の見逃しにより流通されているのがエラー銭です。 エラー銭は稀なものであることからも、価値が高いとされており、現在流通されている貨幣の中にも存在していると言われています。